FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   

ZenFone Zoom (ZX551ML) 購入から約5ヶ月後のレビュー

前回、6日間の使用レビューとして簡単に良かったところ気になったところを掲載しましたが、今回は約5ヶ月使用してのレビューです。
ゼンフォンズーム約5ヶ月間の使用レビュー

以前の記事では6日間と短い期間だったので、ぱっと使ってみての感想でしたが、今回は5ヶ月間使用した感想と、以前使用していた(今も使用している)GalaxyS4との比較なども書き記したいと思います。

■はじめに
最初に言っておきましょう、ZenFoneZoomを買って良かったか?
概ね満足してます!
これを大前提に、何が良くて何が悪かったのかがこの記事のポイントとなります。

それでは御覧ください!
■良かったところ

【1】何と言ってもカメラの光学3倍ズーム機能!
この機種はコレが目的で購入する方が殆どでしょう。
デジタルズームではなく光学ズームであることがコレほどメリットだと思いもしませんでした。
スマホで写真を撮る時、普通は被写体に近づいて撮影する必要がありますが、光学ズームがあるとソレをしないで済むことも増えました。
また、近づけないシーンが多いことにも気付かされました。
例えば動物園に行った際も柵の中には入ることが出来ませんが、光学3倍ズームがあれば被写体を画面いっぱいに撮ることが出来ました。
SNS投稿目的で食事の写真を撮ることもしばしばあると思いますが、焼き肉の焼いてるシーンでは熱い場所に本体を近づけなくても画面いっぱいに焼いているお肉を撮影することも出来るのです。
光学ズーム機能はカメラを使う人であればあって損をすることがない機能だと思います。

【2】普通にサクサク動く!
スマホでは珍しいAtomプロセッサが採用されている端末でどうなのかと思っていましたが、不満は一部を除いてありません。(その不満は悪いところで記載します)
メモリも4GB積んであるので、メモリ不足に悩まされることはありませんでした。私の使用用途では2GBあれば十分かも?と思わされます。プリインアプリなどでメモリ解放ソフトなどがいくつかありましたが正直必要ないほどです。

【3】電池持ちが良い
バッテリー容量が3000mAhあるので、1日普通に使う分には問題なく使えます。
もちろんゲームをしたり動画を撮り続けたりするとすぐになくなってしまうことは当たり前ですけどね。
もしバッテリーを使いきってもBoostMasterによる急速充電機能ですぐに充電出来ます。
参考記事→「9V 2A のACアダプターで ZenFone Zoom を急速充電してみた

【4】GPS精度が良い
これは評価すべきなのか?人によっては普通だろと思うかもしれませんが、私が以前使用していたGalaxyS4のGPS精度がメチャクチャだったので、この精度は嬉しい限りです。
仕事柄色々なところに移動するので重宝しております。普通に使えることが幸せだ(笑)

【5】補足バンド数が多い
日本用に作られている?と思うくらいバンド数が多いです。
LTE : Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 9, 18, 19, 28, 38, 39, 40, 41
W-CDMA(HSPA+) : Band 1, 2, 5, 6, 8
GSM : 850/900/1800/1900MHz

Wi-Fiも11ac 5G帯に対応しているので高速通信が可能です。

※ZenFoneZoomだから良い所はカメラのズーム機能のみですが、スマホを買って良いと思うかどうかは、1~3の内容がすべてなのではないでしょうか?
UIの使いやすさは正直言って慣れの問題だと思いますし、ホームアプリは好きなものをインストールするももありだと思います。
人によっては防水端末が良いとか、おサイフケータイに対応してる方が良いとか色々あると思いますが、それが条件ではればこの端末は無しだと思うし、ズーム機能が欲しい人はコレ1択なのかなと思います。


■悪いと思うところ

【1】5.5インチは中途半端に大きすぎた
以前使用していたGalaxyS4は5インチサイズですが、片手で操作出来たのに対し、5.5インチを無理やり片手で操作しようとすると不安定な状態で操作することとなり、何かの拍子に落としてしまいそうになります。
片手で操作出来るサイズは人によって違うかもしれませんが、私の手は大きい方だと思うので、それで5.5インチは片手操作しにくいと感じているので殆どの人が当てはまると思います。
ストラップがあるのでそれを腕に通すなりすれば落下を防ぐことは出来ますが、このサイズによって操作性が落ちたように感じます。
どうせ片手で操作しにくいのであれば、6インチくらいあった方が良かったかなと思いました。

【2】アプリによっては相性が最悪
恐らくAtomプロセッサを採用されていることが原因だと思いますが、カクカクしてしまうアプリが存在します。
一番メジャーなCPUはSnapdragon系なのでアプリを制作する側としてはSnapdragonに合わせたチューニングがされているからでしょう。
私がやっていたLINEレンジャーというゲームもこの罠によって使い物になりませんでした。
参考記事→「ASUS ZenFone Zoom でLINEレンジャーをやると重い、そしてメッセージが表示されないバグ

【3】カメラの起動速度が遅い
この端末の唯一最大のウリがカメラ機能なのに起動速度がやたら遅い。
突如現れたシャッターチャンスにはちょっと弱いのかなと思いました。
光学ズームレンズの調整時間があるのかな?と思って諦めております。
カメラつながりでシャッター音が大きくて煩いというのもありましたが、これはアップデートにより解消されました。

【4】バッテリーが自由に交換出来ない
自分でバッテリーの取り外しが出来ないのでバッテリーがヘタって来たら、修理扱いの交換になってしまいます。
バッテリー交換出来ない機種が殆どになってしまったので、今の主流なのだから仕方がありません。
修理扱いバッテリー交換の値段払うくらいなら、新しい端末買ったほうが幸せになれるかも?
バッテリー持ちが悪くなるまでが、この端末の寿命なのだと思います。
GalaxyS4はバッテリー取り換えて使用出来るので、今でもゲーム機として使用しています。

【5】Wi-Fiの切り替わりが遅い
モバイルルータを使用しながら帰宅して、モバイルルータの電源を落としても、家のWi-Fiに繋がるまでに時間がかかることが多く、時間がかかるというより切り替わってないような状態です。
Wi-FiのSSID一覧を見にいくと接続が始まることもしばしば。
私は端末にSIMを刺さないで、Wi-Fi運用しているのでこれが地味にキツイです。
家に帰るとモバイルルータの電源を切って、端末を再起動させてます。わざわざWi-Fi設定開くの面倒なので(笑)

■まとめ
ZenFoneZoomを約5ヶ月間使用して、思った事はこれくらいです。
最初に言った「概ね満足」の意味が分かってもらえたでしょうか?
カメラのズーム機能が使いたい方は買って満足出来ると思いますが、同じくらいのスペックでズームなんてしないって人は他のシリーズで十分だと思います。
最近のスマホはパソコンと同じで来るところまで来たなって感じがしますね。
あとはその機種特有の機能とか付加価値がスマホの良さになってくるのではないかと思いました。

エイスース SIMフリースマートフォンZenFone Zoom 32GBモデルスタンダードブラック ZX551ML-BK32S4PL
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: ZenFoneZoom
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。