FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   

Huawei GR5 でベンチマークテストでスコアを計測!ハイコスパスマホのスペックはこれくらいでした!

Antutu BenchmarkテストをHuawei GR5でやってみた!
ファーウェイGR5でアンツツベンチマークテストでスコア計測

3万円台前半でミドルレンジモデルのハイコスパスマートフォンと呼ばれているファーウェイ GR5ですが、ベンチマークテストをやってみて驚きの結果となりました。

まずはカタログスペックです。
OS:Android 5.1
CPU: Qualcomm MSM8939 オクタコア(4x1.5GHz+4x1.2GHz)
RAM:2GB
ROM:16GB
バッテリー容量:3000 mAh
その他:指紋認証

ホントはP8liteとかZenFone2Laserとか狙ってたのですが
このスペックで3万円台は安い!と正直に思い即購入したわけですが、良い意味でも悪い意味でもこの数値は…?と思いました。

その結果をご覧ください!ファーウェイGR5でアンツツベンチマークのスコア
スコア:36944

うわっ 私の年収低すぎ…あの広告を思い出しました(笑)

2013年5月に発売されたGalaxyS4より少しだけスペックが高い程度です。
↓参考(GalaxyS4)
ギャラクシーS4のベンチマークテストのスコア

CPUはオクタコア(8コア)にもかかわらず2年以上前のGalaxyS4のクアッドコア(4コア)に負けてしまっているのは一体(笑)

しかし安心して下さい!

実際に使用した感じではヌルサクです!
もちろん3Dゲームはキツイのかもしれませんが、通常使用では全くストレスを感じないほどサクサク動いてくれるので全く問題ありません。
この端末でゲームはプレイしてないので何とも言えませんが、通常のウェブ閲覧、SNS、LINEなどのメッセージアプリなどカクつきも無くストレスフリーで使用出来ています。
特に指紋認証の認識が早く、取り出してから素早く使える感じはたまらないですよ!

ベンチマークテストのスコアはあてにならないところもありますし、実際の使用感の方が大事です!
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: HuaweiGR5 benchmark
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。