FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   

データ通信量が増えた?それはWi-Fiアシストのせいかもしれません?【iOS9】

iOS9での新機能! WiFi assist (ファイファイアシスト) によりデータ通信料が増えてしまうかもしれません!
iOS9で追加されたワイファイアシストをオンオフ

■Wi-Fiアシストとは?
Wi-Fi使用時にWi-Fiの電波が悪くなると自動的にモバイルデータ通信を使用して、より安定した通信をするためのものです。

しかし良い事だけではありません。
それは・・・?■デメリット
これによりWi-Fi使用時でもキャリアの通信を行うことが増えるのでデータ通信量が増えてしまうおそれがあります。

■Wi-Fiアシストの詳細
ただし基本的には標準のアプリのみ対応なので、例えばYou Tubeなどのサードパーティ製アプリの利用時はWi-Fiのみの通信になるので大幅に増えてしまうことは少ないと思われます。
さらに、画面に表示しているアプリのみに効果がある機能ですので、バックグラウンドで動いているアプリはWi-Fiのみの通信となります。
これらの条件があるので、通信速度制限になるほど増える方は少ないかもしれませんが、Wi-Fiアシスト機能を利用する方はしばらくデータ通信量には気をつけたほうが良いでしょう。

■対象機種
iPhone5
iPhone5S
iPhone5c
iPhone6
iPhone6S
iPad retinaディスプレイモデル
iPad Air
iPad Air2
iPad mini2
iPad mini3
iPad mini4
(iPadはCellularモデルのみ)

■Wi-Fiアシスト、オンオフする方法
設定 → モバイルデータ通信 → WiFiアシスト のスイッチを切り替える。

Wi-Fiだけでも十分な速度が出る人はオフにしておいた方が安心かもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: iPhone 設定
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このブログ記事にコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。